映像業界の構造について分かっていなかった点も多くあったのでとても勉強になった!
たくさん質問できて、より意欲が高まった!
~参加者感想~



皆さん、こんにちは!
運営スタッフのダイキ(@ダイキ/運営スタッフ)です!

11月9日、オンラインイベント『業界構造を知る!    映像業界はどんなところ?』を行いました!

今回は、過去AOI Pro.制作部でチーフPMを務めた経験もある、AOI TYO Holdings株式会社人材戦略本部 仲西一貴さんにお越し頂き、映像業界の構造についてお話し頂きました!


▼参加できなかった人は、こちらもチェック!
AOI Pro.【POSITION ~映像制作会社の立ち位置~】


仲西さんが、過去チーフPMをしていた案件の話を元に、『広告会社』と『制作会社』の違いから、それぞれの職種の働き方、仕事内容まで、細かくご説明いただきました!

今回は、就職活動を控えた学生の子もゲストで参加!
質疑応答のお時間は、AOI Pro.の人事も務める仲西さんだからこその就活に関する質問や、PMのお仕事に関しての質問もお答えしていきました!

今回は、質問で出た豆知識的なものをご紹介!



Q.ロケ地など決める際は、PMが一から調べて候補を出していくのでしょうか?

仲西:もちろん予算によっては、自分たちで調べることもありますが、CM制作(など)はすごく仕事が分業化されていて、ロケーションを選ぶ専門職『ロケーションコーディネーター』が各地にいます。
どのようなイメージの撮影場所を探しているかなどを伝えると、提案してくれるし、撮影許可が必要なものに関しての申請も代わりに行ってくれたりします。

ダイキ:様々なプロが関わっているからこそ、限られた期間の中でも高いクオリティーの映像を作ることができるんですね。

仲西:そうですね。石鹸のCMとかだと、泡を作る専門職『泡師』などもいますよ!

CMは多くの人が関わっていると、なんとなく思っておりましたが、ここまで細分化されているとは...。僕はテレビ上がりの人で、ロケ地などは自分で調べておりましたが、同じ映像でもジャンル・予算なども違うと全く異なるんですね!私も勉強になりました!

(さらっとテレビの制作会社で働いていたことを話しましたが、もし就活でテレビ業界(バラエティ)迷っていてお話し聞きたい方は、是非ご連絡ください!大したこと話せませんが...笑)

ちなみに、仲西さんも前回お話しした『職業病』があるらしいです!👀笑
   


これからも、AOI Pro.の社員のお話を聞く機会もどんどん設けていきますので、是非ご参加ください!